中国崩壊と言われ続けて30年

中国崩壊が実現しないのはなぜ?


日本で中国崩壊説が語られ初めてどのくらい経つであろうか? 

私が中国に留学していた1984年から1986年の時もすでに語られていたので、少なくとも30年は語られているはずだ。

プラザ合意後の円高が1985年以降だから、円高対策としての日本企業の海外進出ラッシュが始まった頃だと思うが、

その頃から中国の人口がいくらで将来発展したらすごい事になるけど、

一党独裁の政治的な不安定さから崩壊のリスクも見据えなければならない、といった論調があったと記憶している。

その後1989年に天安門事件が発生し、そうした論調が懸念又は期待していた通りの事態が発生した。それ見たことかと。

しかしながら、こうした懸念または期待に反し、崩壊には至らなかった。1992年の鄧小平の南巡講和を経て、

その後15年間、途中アジア通貨危機など停滞局面もあったものの、高度成長が持続した。

2007年のリーマンショックも中国に一定の影響を与えたが、それでも中国は崩壊しなかった。

反対に、中国はこの時に世界経済の牽引役を買って出て、それまで貯めこんだ財力を使って大盤振る舞いの内需拡大を行った。

世界は中国を救世主としておだて、余剰供給力のはけ口として頼った。

中国はこの時の大盤振る舞いの行き過ぎの後遺症に今でも苦しんでいるが、それでも崩壊せず、

紆余曲折を経てなんとか政権交代、移行を実現し、国内に多くの矛盾難題を抱えながらも、

引き続き世界の経済と政治情勢に多大な影響力を維持、拡大している。



なぜ中国崩壊は実現しないのか? 30年前から語られる中国経済崩壊説、と耳にタコが出来る程聞いているんだが


そんな簡単に崩壊されちゃ困るんだが、 中国が崩壊して一番困るのはアジア・アフリカです。 


中国は石油の輸入が減っているとニュースでは言っているんだけど、実際は減ってないようで


オヤジが思うに中国は、まだ成長を続けている。


日本の経済学者は、7パーセントを下廻ると減速だ、崩壊だと騒いでいる。


日本は、八百長で株価を支えているが、何時までもつかアベノミクスで崩壊中なんじゃない


中国は、勢いは多少衰えつつも、相変わらず力強い成長を続けているような気がする。


中国が崩壊し バクガイはもう終わりつか言ってる奴、中国は13億人を越す人口があり


その中の2億人が中流だったら、日本の人口以上がお金持ちで爆買は無くならない。


中国では、日本で買った物は売れるから買い出し中国人は減らない


しかしなー、数年前まで日本が旅行収支で黒字になるなんて考えられなかったよな


img_5c0726123f7e5487a31bec12c278d6da65294.png























にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR