新国立競技場、木材が使われるため聖火台を競技場の上部などに設置できない可能性 消防法上の懸念、

51NVB9kZhDL__SX338_BO1,204,203,200_東京1964‐2020―オリンピックを機に変貌する大都市の光と影、そして未来




新国立上部に聖火台設置は困難か 消防法上の懸念、対応協議へ



2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の現在の建設計画では、

聖火台を競技場の上部などには設置できない可能性があることが3日、複数の関係者の話で分かった。

スタンドは木材が使われる屋根で覆われる構造となっており、消防法上、問題となる懸念があるという。

現在の計画は建築家の隈研吾氏らのグループが手掛け、既に設計が始まっている。

大会組織委員会は同日夜に政府、東京都など関係組織のトップで構成する調整会議を開き、対応を協議する。

夏季大会では聖火台は通常、競技場内にあり、1964年東京五輪では旧国立競技場のスタンド上部に設置された。


なんじゃい国立競技場やることすべてにいちゃもんついて


木造なので聖火台が作れない、というんだが、お笑いコノトかい


考えたのは有名な建築家センセじゃないのかよ


頭良すぎて、何のために建てる建物なのか? という忘れているようだ


「屋根」に木材を使うわけじゃないよな、確かイスを木造にするとか言ってな


しかし本当に木造の「屋根」ならそんな建物、見た事ないんだが


素人でも直ぐに気付いたらしいのに、プロが今まで気付かないなんて アホの極み


設計変更でまた無駄な税金が消えるからもう辞めたら良いのに東京オリンピック


2016030301001199.jpg
 新国立競技場のイメージ図(技術提案書よりJSC提供)


新国立競技場出来たら、外国人からこれが技術立国日本の建築物なのかと酷評される気がするが













にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ






スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR