百貨店は、中国人が高額品買わなくなった

日本会議日本会議の研究 (扶桑社新書)


百貨店で高額品売れず “爆買い”終焉か“アベバブル”崩壊か

「爆買い」が終焉したのか。それとも「アベバブル」が終わったのか――。

デパートの売り上げが激減している。大手4社の4月の売り上げは、全社そろって前年比減少した。

なかでも宝飾や時計など高額品の売り上げが落ち込んでいるという。

たとえば、三越伊勢丹の3旗艦店(新宿、日本橋、銀座)は宝飾・時計の売り上げが20%も減っている。

免税売上高がマイナスになったことが響いたという。

「中国政府は、中国国内での消費を促すために、爆買いにブレーキをかけようと4月8日、

海外で買ったモノにかかる関税率を引き上げています。

腕時計の税率は30%から60%に引き上げられた。

日本のデパートの4月の売り上げがダウンしたのは、爆買いにブレーキがかかったのが要因でしょう。

もう、この先、爆買いは期待しない方がいいと思う」(民間シンクタンク研究員)

デパートの売り上げがダウンしたのは、「アベバブル」がはじけた可能性も高い。

 経済ジャーナリストの荻原博子氏がこう言う。

「爆買いの減少がデパートの売り上げをダウンさせたのは確かでしょう。

でも、中国政府の政策というより、“円安誘導”というアベノミクスが破綻し、為替が円高に振れたことの方が大きいと思います。

この数年、訪日客が増えたのは“円安”だったからです。アベノミクスが失敗し、再び“円高”に戻ったら当然、爆買いも減少します。

さらに、国内の富裕層が買い控えに転じたのだと思う。日銀が“マイナス金利”を導入したことは大きかった。

マイナス金利という響きは、どうしてもネガティブに聞こえます。

自分たちの預金が減らされると不安になった富裕層もいたはずです」

デパートの高額商品が売れなくなる一方、「100円ショップ」などの激安店の出店が再び急増している。

アベノミクスが失敗に終わり、日本は再び「デフレ」に逆戻りしはじめている。


百貨店で高額品売れず "爆買い"終焉かそれとも"アベバブル"崩壊か 日本は再び「デフレ」に逆戻り、と言ってる。


しかしなー、中国人に消費頼るようではお先真っ暗なデパート業界だよね



















にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR