意外と言えば意外な東京23区のアパートは、なぜ3分の1が空き家  

東京23区のアパートは、なぜ3分の1が空き家なのか?


日本経済新聞の報道によれば、不動産調査会社のタスが発表した2016年3月の賃貸住宅の空室率は

東京23区で33.68%、神奈川県では35.54%、千葉県では34.12%、埼玉県では30.90%となりました

(23区以外の都内は31.44%)。

空室率上昇の原因は、相続税の課税強化です。

首都圏でアパートの空室率が急速に悪化したのは2015年の夏ごろからだそうです。

2015年から相続増税が始まり、その対策としてアパートの建設が進み、需給バランスが崩れたことから、

空室率が急速に上昇したという構図です。

しかし、このデータは都心・中古・ワンルームの空室率と比較すると大きなかい離があります。

例えば、私が購入し、管理をお願いしている会社のデータを見ると、2016年5月末現在、

管理戸数16,083戸の空室率はわずか0.66%です(入居率99.34%)。

この違いはどこにあるのでしょうか。

答えは「立地」と「管理会社の選択」です。

相続税対策のために建てられた木造や軽量鉄骨のアパートは、空き地があってその有効活用というケースがほとんどです。

便利で快適なアパートに住みたいという需要者のニーズに対応したものではなく、

土地のオーナーという「供給者の論理」で作られています。駅から遠い、環境が悪い、建物のクオリティが低い・・・

賃貸需要を考慮せず、低コストで安易に建築しても、テナントは集まりません。


furusato_nouzei.png



都内のアパート 3件に1件が空室になり空室率が急激に悪化 相続増税対策で急増、需給バランスが崩壊、


ということらしい。


都内の家賃なんかオヤジの住んでる田舎からすれば高すぎるんだよ。


オヤジの知り合いなんかも相続対策で物件建てたんだけど下手して大東に食い物だよ


話を聞くと、優遇税制利用した最強の節税(脱税)商品らしい、遊休地の相続税固定資産税逃れで


賃料はあくまでも副産物とあきらめているが、金持ちの悩みだよな


オヤジも相続税対策と言う奴をしたいよホンマに





















にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ





スポンサーサイト

Posted on 2016/06/04 Sat. 18:03 [edit]

category: 2ちゃんねるネタ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る

衝撃プライスで憧れのハワイへ!

ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町

最新コメント

月別アーカイブ

広告

1週間の無料体験でWebサイトを作ろう

カテゴリ

フリーエリア

体臭消臭サプリ

東京6万円以下の部屋を紹介

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード