タリバンでは少年たちを色仕掛けの「ハニートラップ」として使っている

syounen.png私の少年(1) (アクションコミックス(月刊アクション))
今最も話題の漫画『私の少年』1巻発売するも店頭即品薄に 発売半月で4刷決定


双葉社・月刊アクションにて好評連載中の『私の少年』が12歳の美少年と彼氏がいない30歳のOLとの心温まる交流を描いており「主人公になりたい」という声が方々から多数上がっています。


警官幹部らの危ない「少年遊び」、アフガニスタン



アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)は同国南部で、警察に内部から壊滅的な攻撃を仕掛けるために

子どもの性奴隷を使っている。現地語で「少年遊び」を意味する「バチャ・バジ」と呼ばれる慣習を利用して、

性的対象となるような少年を警察に潜り込ませ攻撃させていると、複数の関係者や生存者がAFPに語った。

タリバンは少年たちを色仕掛けの「ハニートラップ」として使っていると、元警官のマティウッラーさん(21)は言う。

彼は昨年春に起きたスパイ攻撃の唯一の生存者だ。

彼によれば、攻撃を仕掛けたのは検問所の司令官の性奴隷だった10代のザビフラ。

ある夜、ザビフラは銃を乱射し、一緒に寝ていた司令官を含む警官7人を殺害した。

「彼(ザビフラ)はタリバンを呼んできて、すべての死体をライフルの銃床でつつき、生存者がいないか確認した。

私は死んだふりをしていた」と、マティウッラーさんは前頭部の深い傷を見せながら言った。

「タリバン兵たちが私たちの武器や弾薬を集めていると、ザビフラが『みんな死んでいる』と宣言した」。

マティウッラーさんは今、服の仕立ての仕事をしている。

当局筋によれば、ウルズガン州にある警察の検問所370か所のほぼすべてにおいて、バチャ・バジが最大4人雇われている。

彼らは性奴隷としてだけでなく、兵力としても違法に採用されている。バチャ・バジを警官職の特典とみなして、

そうした少年がいない検問所への異動を拒む警官もいるという。

多くが無償で使われている少年たちは検問所でのおぞましい虐待に耐えかね、

警察への報復を夢見るようになり、タリバンの勧誘の格好の餌食にされる。警察の搾取から逃げるには、

タリバンに協力するより他に選択肢がないことが多いからだ。



美しくハンサムな少年を使ったハニートラップ タリバンが仕掛ける警察内部への攻撃-アフガン、というわけです。


アラブ文化圏はショタが多いようで、同じイスラムでも、マレーシアとかインドネシアは違うらしいけど。


イスラムの世界では、少年にとっての悪夢の世界じゃないか、性奴隷として複数の男達に絶え間なく陵辱され、


玩具として飽きられたら戦闘奴隷兵にされるという世界のようだ。


タリバンは少年たちを色仕掛けの「ハニートラップ」として使っているってオヤジの想定外の世界であるな。




























にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR