中国には、アメリカも従うしかないのかい  

中国の南シナ海支配認めず 仲裁裁判所「法的根拠なし」と初判断


【ベルリン=宮下日出男】南シナ海における中国の主張や行動は国連海洋法条約違反だとしてフィリピンが求めた仲裁手続きについて、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が南シナ海の広い範囲に独自に設定した「九段線」には「法的根拠はない」と認定する裁定を公表した。中国の強引な海洋進出に対する初の国際的な司法判断で、「歴史的権利」という中国の主張が否定された。

 裁定は確定的な判断で上訴はできない。中国は一貫して無視する姿勢で、罰則など強制的に裁定に従わせる手段はないが、国際社会が司法判断の尊重を求める圧力を高めるのは必至。中国の立場が苦しくなる一方、南シナ海情勢は一段と緊迫化する可能性がある。

 仲裁裁判所は九段線を審理するか否かを留保していたが、裁定は「管轄権を有する」と認定。その上で九段線内の海域や資源について、「中国が歴史上、排他的に支配してきた証拠はない」と指摘し、九段線内の権益をめぐる「歴史的権利」という主張に、「法的根拠はない」と判断した。

 裁定は中国が実効支配する各礁を含め、スプラトリー(中国名・南沙)諸島の岩礁はすべて「島」ではなく、200カイリの排他的経済水域(EEZ)のない「岩」と、高潮時には水没して12カイリの領海も発生しない「低潮高地」と認定した。

 裁定はまた、フィリピンのEEZ内での同国漁船の妨害や人工島造成などにより、中国がフィリピンの主権を侵害していると判断。中国による埋め立てがサンゴ礁の生態系を大きく損なっているとし、中国の環境保護に対する義務違反を認定した。

 仲裁は2013年1月、フィリピンの申し立てを受けて開始。中国は参加を拒否したが、昨年11月には中国抜きで口頭弁論が開かれていた。


china.jpg


南シナ海仲裁裁、中国は判決に従う義務がある、というわけです。


アメリカが逃げ腰が気になるようで、東南アジアなどがそれが不安に思っているみたい。


そのために東南アジア諸国連合も纏まりがなく中国の影響が強くでてます。


本当はここは、強い態度を見せるべきですそうしないとあとで後悔すると思います。


日本、アメリカ、フィリピン、ベトナム、インドネシア、タイなど共同作戦なんて出来ないよね。


しかしなー、国際司法裁判所の判決無視し国連海洋法条約脱退を検討する国が国連常任理事国とは何のギャグなのか


中国をやたら敵視して経済制裁とか騒いだところで、アメリカが南シナ海の自由航行を守れるんですか?

































にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ

スポンサーサイト

Posted on 2016/07/13 Wed. 15:41 [edit]

category: 2ちゃんねるネタ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

忍者アフェリエイト

衝撃プライスで憧れのハワイへ!

ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町

最新コメント

月別アーカイブ

広告

1週間の無料体験でWebサイトを作ろう

カテゴリ

フリーエリア

体臭消臭サプリ

東京6万円以下の部屋を紹介

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード