豊島区消滅

NHKスペシャルの「縮小ニッポン」の衝撃の内容に、絶望の声が相次ぐ
2020年に23区内で人口が減少する可能性がある11の区


NHKは9月25日、「縮小ニッポンの衝撃」と題したNHKスペシャルを放映。100年近い歴史を持つ国勢調査によって、

初めて人口が減少した日本の各地で今、実際に起こっている事態に迫った。

豊島区が抱える問題

2016年2月に発表された2015年の国勢調査によると、1920年の同調査開始以来、

日本の総人口が初めて減少に転じたことが明らかになった。2010年の調査時より減った数は94万7,000人で、

全国の8割以上の自治体で減少が認められたという。

日本の人口は、1920年に約5,600万人だった。そこからベビーブームや、地方から都市部への集団就職、

高度経済成長などを経て人口とGDPが順調に右肩上がりで増加してきた。

だが、これから日本が直面するのは、かつて経験したことのない「人口の急降下」だという。

そして、その現象には人口の一極集中が進んでいる東京ですら抗(あらが)えない。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年は、東京で人口が減少に転じる年と考えられている。

品川区や目黒区、渋谷区、中野区、豊島区などの11区で人口が減るとの試算があり、

豊島区では28万が減少に転じるとみられている。

豊島区は長らく、出生数より死亡数が多かった。普通に考えれば人口は自然減少していくはずだが、

その減少数を補うほどの転入者が区の人口増加を支えてきたという背景があった。

この転入者が区の将来を左右すると考えた豊島区は、その実態を詳細に調査。

最も多かったのは「20代の単身者」だったが、その給与収入ベースは240万円である事実が判明した。

この年収では結婚して子供を持つのが難しいため、将来の人口減の一因となることが懸念されている。

さらに別の事実も明らかになった。これまでは20~24歳の年代が同区に転入して人口を増加させる一方で、

25歳~39歳は結婚を機に郊外へ移転するなどして転出数の方が多かった。

ただ、最新のデータでは25歳~29歳、30~34歳、35~39歳のいずれの年代でも転入超過が確認されており、

明らかにこれまでの傾向とは異なっているという。


hitorigurashi_man.png


東京に上京した20代田舎者の平均給与は240万で結婚もできず将来人口減の一因にというわけです。

豊島区の人口推移の話なんだが、豊島区では昔から少子化が進行して人口再生産がマイナスで、

20代の若者が田舎から流入して来る事によって、人口が保たれていたんだが

そうした若者は、結婚、出産を機に、神奈川、埼玉、千葉に移住しているようですね。

そりゃそうだ、東京二十三区なんかでマイホームとか広いマンションとかを借りるのは無理。

最近は30代、40代も流入してくるんだが、給料が安くて結婚しない、出来ない人が増え、なかなか出て行かない。

このままでは、ひたすら社会保障費を食い潰す無色老人が増えて大変ですね。

「・・消滅可能性都市は、2040年の20~30代の女性の数を試算し、

10年と比較して30年間で半分以下に減る自治体。896自治体は、北海道や東北の山間部に集中しているが、

都内23区26市では唯一、豊島区が減少率50・8%という試算結果になった。」

























にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR