ドン率いる自民党都議団に使途不明の7500万円

ドン率いる自民党都議団に使途不明の7500万円



都議会自民党に、自民党東京都連から3年間で約7500万円が寄附された後、使途が公表されていないことがわかった。

「自民党東京都支部連合会」(都連)の政治資金収支報告書によれば、「東京都議会自由民主党」あてに、

「組織対策費」として次の寄附がなされている。

 2012年 2275万円

 2013年 2765万円

 2014年 2472万円

「東京都議会自由民主党」の所在地は、西新宿にある都議会議事堂の住所と同じ。

だが、同団体は、政治団体として登録されておらず、政治資金収支報告書を提出していないため、

約7500万円の使途は一切明らかになっていない。

都議会自民党は、「都議会自由民主党」なる政治団体を持っており、政治資金収支報告書も公表され、

都連との寄附のやり取りも記載されている。

ところが、「東京」が付け加わっただけの組織に寄附することで、公表義務を逃れていることになる。

都連の会計責任者、比留間敏夫元都議会議長に尋ねたところ、こう答えた。

「私は(お金の)処理なんかやってないから、それは分かりませんね。(年に一回)会計報告するだけだから。事務局がやっている」

 一方、都議会自民党事務局の担当者は次のように説明する。

「二つの団体の実態は同じです。この7500万円は定例会の前などに組織対策のために(都連から)もらっているもの。

(『東京都議会自由民主党』は政治団体ではないので)収支報告の必要はありません」

神戸学院大の上脇博之教授はこう指摘する。

「両団体が実態上同じであれば、政治資金である以上、一方の団体だけ収支報告に記載し、

他方を記載しないのは、政治資金規正法違反の不記載罪にあたります。

これでは、この約7500万円は内田氏らの“裏金”と言われても仕方ありません。

都連には党本部を経由して、税金が原資の政党助成金が流れ込んでいる。都議団の説明責任が求められます」

都議会自民党が今後、この“ブラックボックス・マネー”にどのような説明をするのか、注目される。

週刊文春10月13日発売号では、“都議会のドン”内田茂氏(77)率いる都議会自民党の不明朗な

“政治とカネ”について詳報している。

<週刊文春2016年10月20日号『スクープ速報』より>
「週刊文春」編集部

bunsyunn.jpghttp://amzn.to/2dMzl7a
週刊文春 2016年 10/20 号 [雑誌] 雑誌 – 2016/10/13 ¥ 400


週刊文春、自民党都議団に使途不明の7500万円 、というわけです。


カネを寄付された「東京都議会自由民主党」というのが政治団体じゃないので、公表義務がない、というんだが、


政治団体じゃない団体が7500万もカネ貰ったら、所得税とか贈与税とか、かかるんじゃないかって2ちゃんで言ってる 


都議会に税務署呼んで証人喚問しろよって怒ってる都民が多いようで


そこで、この使途不明金がどこに行ったか、というと、ヤクザの世界で言う「上納金」らしいです。


白紙領収書の件といい、こんな議員ばかりじゃ税金いくらあっても足りないわな


東京地検特捜部が動き出してくれないかな、逮捕!逮捕!逮捕!
 

2012年~使途不明金を自由に使っていたと見られる上級幹部の皆さん

内田茂 前都連幹事長

川井重勇 都議会議長

高島なおき 都連幹事長

高木けい 都議会自民幹事長

宇田川聡 前都議会自民幹事長

秋田一郎 都議会自民政調会長

神林 茂 都議会自民総務会長

野島善司 元都議会自民幹事長

2ちゃんによると、東京の悪代官だそうです。


















にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR