福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表、やっぱり福島危ない

「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表


「部会長の立場では自分の意見が言えない」

東京電力福島第1原発事故後に福島県が設置した県民健康調査検討委員会の委員で、

子供の甲状腺検査を評価する部会の清水一雄部会長(日本甲状腺外科学会前理事長)が、

検討委に辞表を提出していたことが分かった。清水氏は検討委が3月にまとめた

「放射線の影響とは考えにくい」との中間報告に疑問を感じ、

「部会長の立場では自分の意見が言えない」と辞任を決めたという。

清水氏は医師で、甲状腺の内視鏡手術の第一人者。原発事故当時に18歳以下だった福島県の子供たち約38万人を

対象にした検討委の甲状腺検査では、これまでに174人が甲状腺がんまたはその疑いと診断されている。

「多発は事実。臨床経験から考えると不自然な点も」

清水氏は「多発は事実であり、これまでの臨床経験から考えると不自然な点もある。

『放射線の影響とは考えにくい』とは言い切れない」と説明している。

次回、開かれる部会で清水氏の辞任が決まる見通し。今後は部会員、委員として議論に関わる考えという。

福島県の甲状腺検査とは

2011年3月の東京電力福島第1原発事故当時、18歳以下だった約37万人を対象に同年秋から福島県が行う検査。14年春からの2巡目は事故後1年間に生まれた子供を加えた約38万人が対象。超音波で甲状腺のしこりの大きさや形を調べ、異常があれば細胞などを詳しく調べる。今年9月に報告された6月末時点の結果によると、1、2巡目を合わせて甲状腺がんと確定したのが135人、がんの疑いが39人。1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故では放射性物質ヨウ素131の影響で周辺の子供たちに甲状腺がんが多発した。

福島原発事故の真実と放射能健康被害★


【原発事故】「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表、というわけです。


甲状腺検査を評価する部会の会長が、「自分の意見が言えない」として辞表です。


日本甲状腺外科学会前理事長というから、相当の専門家。


その専門家が、福島原発事故のせいで甲状腺ガンが増えている、と見ているわけです。


今まで「安全・安全」と叫んでた人でも、これは知ってる人は知ってるって事ですね。


自分の金儲けや出世のためには、他人を殺しても構わないという悪人だけが、原子力大好きと言う事


























にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR