ドゥテルテ最高

比大統領、また暴言=「ドゥテルテ」コールも―東京


来日したフィリピンのドゥテルテ大統領は25日、都内のホテルで開かれた日本のフィリピン人コミュニティーとの懇談に出席し、

約1200人を前に講演した。

フィリピンのメディアによると、大統領は強硬な麻薬犯罪対策への批判を続ける米国などを念頭に、

「お前はばかだ。今分かったのか」などと再び暴言を吐いた。

一方、日本に対しては「わが国に最大の支援を実施してくれた」と謝意を表明。

日本は居心地が良いとも語り、親日家ぶりをアピールした。

ホテル前には、大統領を一目見ようと日本在住のフィリピン人ら100人以上が詰め掛けた。

大統領は午後6時すぎ、白いシャツに黒いズボン姿で到着。

いったん建物内に消えたが、直後に再び姿を見せると、人々に向かって歩きだした。

報道陣や警備の警官に囲まれながら近づく大統領に、群衆から悲鳴や「ドゥテルテ」コールが起きた。

間近で見た人によれば、大統領は笑顔で手を振ったり、握手に応じたりした。

都内で比料理店を営むタジマ・メアリージェーン・タンディンガンさん(53)=東京都文京区=は「まさに国のお父さん。

普通は大統領がわざわざみんなの所に来たりしない」と感激していた。

大統領はこの後、約1時間半にわたり懇談に出席。午後8時すぎには岸田文雄外相との夕食会が開かれる

都内の日本料理店に到着した。

料理店では、岸田外相と固く握手を交わし、報道陣に求められるまま向きを変えて撮影に応じる余裕も。

約2時間にわたる夕食会後は「(食事が)素晴らしかった」と上機嫌な様子でその場を後にした。 

duterute.jpg



フィリピンのドゥテルテ大統領、日本でも暴言...講演で米国などを念頭に「お前はばかだ」というわけです。

来日したドゥテルテ大統領、フィリピン人のコミュニティー向けの懇談会で講演したそうだが、

在日フィリピン人が押し掛け、熱狂して歓声が沸いたというんだが、チケット持たない人も100人以上、

ホテル前で歓声をあげて迎えた。するとドゥテルテ大統領、わざわざホテルから出て来て、笑顔で手を振ったり、

握手に応じるなどの大サービスだ、考えてみれば海外で外貨を稼いでくれる人が居るから経済が持っている 

この人、素早く判断してカシコイわな どこで何をすればどうなるか、一瞬で計算し、即、行動に移す。

この映像は日本でも流れるし、もちろんフィリピンでも流れる。世界中に散らばった出稼ぎフィリピン人が、

感激しフィリピンに送金してくれる。ああ、ワタシたち、捨てられてなかったんだとね。

この大統領のやることは警察、自警団を使い麻薬に関係する者を抹殺とか、やる事は泥臭いんだが、

実はインテリですよね。ちゃんと自国の歴史を踏まえている。

外務大臣の晩餐会での発言。「日本がフィリピンを裏切ったことは歴史上一度もない」もちろん、

この言葉は暗にアメリカの二枚舌を批判しているわけだが、日本がフィリピンの独立を支援して来たのは、

1896年に処刑されたホセ・リサール以来、一環しているんですね。

日本においてもドゥテルテ大統領に過ってないど急に関心が高まっていて、

朝日新聞デジタルには、「ドゥテルテ大統領、米国を嫌う理由 メイリン事件とは」というタイトルで記事が掲載されています。

「そもそもは1世紀前の出来事に遡るが、最近起きたことも関係している」

ということで、先ず、最近起きた出来事、メイリン事件の説明から始まるのです。

メイリン事件のメイリンは何のことかと言えば、それは人の名なのです。

2002年5月16日に、自称宝探しの冒険家であるミハエル・メイリン(米国籍)が、

滞在していたフィリピンのダバオ市の簡易宿泊所の一室で、自分が所持していた爆弾が破裂し、

負傷するという事故が起きたのです。

この宿泊所のあるダバオ市の市長を長年務めていたのがドゥテルテ氏です。

負傷したメイリンはすぐさま病院に運ばれたというのですが、それだけのことなら、

事故で済んだ可能性があるのですが、これが「事件」に発展してしまうのです。

先ず、爆発の直後、現地の警察署長が現場を訪れ、爆発事故を起こしたメイリンを尋問するために彼を病院に搬送した訳ですが...

というのも、当時のミンダナオ島は大変危険な場所であり...

つまり、テロ事件が多発化していて、そのためこのメイリン氏が何か重要な事実を把握しているのではないかと

考えたようなのです。

しかし...現地の警察が尋問を始める前に、メイリン氏はFBIの服を着た者たちによって

飛行機でマニラの病院に移送されてしまった、と。

当時、フィリピンのあちこちで起きていた爆破事件についてドゥテルテ氏たちは調査をしていたときに、

重要な情報を握っていると推測されるメイリン氏が勝手にFBIによって連れ出されてしまい、

ドゥテルテ氏の面目は丸つぶれになってしまったのです。

つまり、フィリピンの主権とドゥテルテ氏の市長としての権限が侵害されてしまった、と。

因みに、nprがマニラにある米国大使館にこのときの対応について質問したところ、

通常通りの措置をしただけとの返答があった、と。

しかし、その一方で、現地のメディアは、911事件の後、米国がテロとの戦いを進めるなかで、

米国がフィリピンのおける軍事力を強化する目的で何かを画策したのではないかという見方があると報道しているのです。

まあ、犯罪者から 自国民を守ると 行動しているんだから 支持率は上がるよな。

























にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR