悪さしたら「ワタミかすき家か王将に入れるぞっ!」






中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇 (講談社現代新書) 新書 中沢 彰吾 (著)


鍋振り続け脚の骨損傷…餃子の王将と男性が和解


中華料理店「餃子ギョーザの王将」の大阪府内のフランチャイズ店で働いていた


40歳代の男性が「重い中華鍋を立ったまま振らされ続け、脚の骨を損傷した」として


府内の運営会社に約3600万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(谷口安史裁判長)であり、


運営会社が男性に400万円を支払う条件で和解した。5月15日付。


訴状では、男性は2009年7月から調理場スタッフとして週6日、1日約12時間働き、


1回に15~20人前の食材が入った中華鍋を振っていた。股関節に負担がかかり、痛みを訴えたが調理を続けさせられ、


11年1月に退職したという。男性はその後、病院で、脚の付け根の骨の一部が壊死えししていると診断され、


人工股関節を入れた。


男性は「鍋の重さは食材を含め5キロ以上あり、過酷な業務で症状が悪化した。


店には安全配慮義務違反があった」と主張。運営会社は「業務との因果関係はない」と反論していた。


和解について運営会社は取材に応じず、フランチャイズ契約を結ぶ


王将フードサービス(京都市)は「コメントできない」としている。


餃子の王将は、都会では市内、郊外とわりと身近に格安中華が食えるのでよく行くんだが


その王将で支那鍋ふるってたら腰を壊したので賠償しろ、という裁判だったそうだが、


3600万円の請求に対して400万で和解だそうで、ずいぶん叩かれたようだが、


働いていた期間が2009年の7月から2011年の1月までなので、実質、1年半ですよね。


王将での仕事の前にも中華屋で支那鍋ふって働いていたのかな?手首や肘やるのならわかるけど、股関節なぁ・ 


王将でコックが支那鍋をふってるのをよく見るが、5キロもあるとはね、腰痛は中華屋の職業病らしいですね


業務内容との因果関係が微妙だけど、 「痛みを訴えたが調理を続けさせられた」てのがポイントですよね


12時間も5kgのシナ鍋物振り回したって言ってるんだが、よく繁盛していた店なんだな


今の親達は、子供が勉強しないとか、悪さしたら「ワタミかすき家か王将に入れるぞっ!」って言われる時代かもね



面白ニュース ブログランキングへ


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR