アスカ釈放って意味分からんよね。

ASKAさん覚醒剤使用で不起訴 「尿検査でお茶入れた」と供述 成分検出の液体、尿と確認できず


東京地検は19日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)さん(58)について、

嫌疑不十分で不起訴処分とした。警視庁組織犯罪対策5課は、覚醒剤の陽性反応が出た液体について、

「覚醒剤成分が検出されたことは間違いないが、本人の尿だと確認ができなかった。逮捕が違法だとは考えていない」としている。

 同課によると、ASKAさんは11月25日夜、警察官から任意の尿提出の要請を受け、自宅トイレで液体を提出。

警視庁の鑑定の結果、覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕した。

しかし、逮捕後の調べで「あらかじめ用意しておいたお茶を尿の代わりに採尿カップに入れた。

覚醒剤は使っていない」と供述したという。

採尿の際、同課員1人とASKAさんの妻がトイレのドアを開けて尿をする様子を背後から見ていたが、

「手元まで確認することが困難だった」としている。

警視庁は再度鑑定しようとしたが、採取した液体は微量で、すべて1度目の鑑定で使い切っていた。

採尿カップも破棄した後だったため、覚醒剤が検出された液体がASKAさんの尿かどうか鑑定ができず、

ASKAさんの供述を否定することができなかった。

ASKAさんは19日午後7時10分ごろ、勾留されていた東京湾岸署から釈放。

同日夜、《不起訴でした。》とのタイトルでインターネットのブログを更新し、

《無罪です》《みなさん、信じてくれてありがとう》などと書き込んだ。


yjimageaska.jpg


じゃあ何で逮捕したんだよ。ASKAさん「尿検査でお茶入れた」成分検出の液体尿と確認できず不起訴 というわけです。


日本のお茶には覚せい剤の成分が入ってるんかい、お茶に入ってるのはせいぜいカフェィンとかカテキンくらいですよ。


2ちゃんによると、アスカがやっていたのはシャブではなく、


「シャブに似た精神病の薬」だというので、覚醒剤取締法では起訴できない。単なる薬事法違反です。


ただ、これが大っぴらになると、世の中のシャブ中がみんな、この薬に走る。


なので、警察としては隠してきたい。覚醒剤で捕まって不起訴になる事例の多くが、この薬物だという話もあるんだが、


アメリカでは「落ち着きのない子供に飲ませる」とかで、この種の覚醒剤類似薬物が多いと書き込んでいる。


アスカが警察のメンツ潰すために仕組んだとしたら、やったねアスカ






あなたの欲しい物を全てが揃う日本最大級のショッピングモールYahoo!ショッピングです。









年間約300億の売上の総合通販プレモアでは、家電から、ゴルフ、食品、インテリア、カー用品、日用品ほか100万点の商品をいつでもお安く提供しております。
平均購入金額は¥35,000から¥5,0000。送料は¥5,000から無料、最短で翌日お届け
























にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR