デブは頭が悪いって誰だ言ってるのは  




デブ、死ね、臭い! を乗り越えて 単行本(ソフトカバー) 細山 貴嶺 (著) ¥ 1,404


太めの子供たちは健康問題


教師は肥満児童に良い評価を与えないという研究結果が発表される! 肥満である程、虐めなどのストレスに晒されやすく、


将来にわたり低学歴、低賃金に追い込まれやすいそう。


なぜ太めな子は学校の成績が悪いのか?「頭が悪いんじゃありません、先生が偏見の目で見るからです」と専門家の声。


太めの子供たちは健康問題にだけではなく、学校の成績の低さにも直面しています。

これは頭の良し悪しによるものではありません。

ただ、太った子を嫌う先生たちの行動が原因です。そう指摘するのは、子供の能力は皆同じと信じるアメリカの心理学者です。


「太った子はダメな子」という一般常識は、太っている子の大学進学率の低さが物語っています。

ただこれは学校で起こっている偏見が原因であると主張する、

この心理学者は学校の教師の再教育によりこの事実を変えることが可能であると主張します。


反肥満派の典型例

数々のリサーチは太め児童の成績の悪さを指摘しています。例えば6000人のサンプルで調べたイギリスのケースでは、

11歳の時点で太めだった児童は13歳になっても16歳になっても、国内共通テストの成績が悪いという結果をだしています。

特に女児に顕著です。

アメリカでも同様に、肥満の学生は、中学でも高校でも成績が低めであるという調査結果を発表しています。

文系理系、科目などに一切関係なく、です。本当でしょうか。


反肥満派教師たち


研究者たちは、教師が太め児童に多くを期待しないことを指摘しています。子供たちは期待されていないから頑張らないのか、

子供たちが頑張らないから教師は彼らに何も期待しないのか、どちらがどちらとは言えません。

もっともこの疑問にはハーバードスクールが答えています。アメリカ全土で幼稚園から小学校に通う

生徒を10年間観察し続けた結果、この新しい研究は少し違った答えを出しました。

10歳から14歳までの学生の体重の変化は、先生の態度にどのような変化をもたらすか。

その期間に太った学生に対して先生はどのような評価を下すのか。

その学生の生活環境、家庭環境、運動の有無やテレビを視聴時間に至るまであらゆる角度から観察した上で、

先生に学生を評価してもらいました。

ちなみにこの学生たちの実際の全国統一テストの成績は、算数も、読解問題も、

特に肥満の影響を受けたような形跡は見受けられませんでした。

太ったから成績が落ちたというような事実は、テストそのものからは全く見当たらなかったのです。

にもかかわらず、先生による学生たちの評価は、どれも明らかに肥満の影響を受け、

体重が増えた学生の評価は全て下がりました。

統一テストの結果(数値)は、女児の読解力と男児の算数力についての統計的な結果しか指し示していなかったのに、です。

この読解力と算数力の問題は、肥満かどうかではなく性差によるものです。肥満とは関係ありません。

肥満への偏見に満ちた先生たちの印象によると、男児に関しては、この調査の開始後に太り始めた子達に比べ、

開始時に既に重かった子の方が、読解力の低下は顕著だったとしました。

逆に女児に関しては、この調査の開始後に太り始めた子達よりも、元々太めカテゴリーに分類され、

その後さらに体重が増加した子の方が、算数の能力が下がる結果となりました。

単なる思い込みであり、肥満に対する偏見です。


肥満関係のいじめ


肥満による学力の低下を証明する調査結果など無いにもかかわらず、太めの子が実際に教室内で余り活躍できていない場合があります。それは、本人たちの自信の無さ、周りが期待していないこと、その両方が原因です。肥満への偏見から、彼ら肥満児の教室内での行動パターンがある程度決まってきます。

 そして太っていることをクラスメイトにからかわれることは、それがエスカレートすればいじめにつながり、太った児童は心と体の両方を傷つけられることになるのです。そしてその件数は増える傾向にあります。

 肥満が原因のいじめが学業に与える影響を研究した調査結果は、両者は非常に深いかかわりがあることを報告しています。





尾を引く思い込み

この、小さい頃の経験はその後もずっと尾を引きます。周りからの目が厳しいとストレスは増します。不安、鬱、

そして自殺にまでつながります。最近の調査では、虐待よりもいじめの方が後々

心の傷として残りやすいことを指摘しています。

そして肥満はまた、人生におけるチャンスにも関わってきます。一般的に太めの人は教育を受ける期間が短く、

大学進学率、大学院進学率が低くなっています。これは女性の方が著しいのも特徴です。

実際肥満の女性は雇われにくく、首にされやすく、評価も低く、賃金も低いのです。

肥満による差別をなくそう、と言われ始めて随分経ちますが、未だこの偏見が子供たちを苦しめています。

この偏見をなくすためそれぞれの個性を尊重できるよう、まず教育現場にいる大人たちを教育しなおさなくてはいけません。

多感な子供達に一番近い距離で接する学校の先生たち。児童心理学などは当然勉強しているはずですが、

更なる勉強、あるいは勉強のし直しが必要なのかもしれません。


2b0e5a0b-sxx.jpg



子供のデブは親の責任だよね。少なくとも中学生までは完全に親の責任だと思うんだが


そして、オヤジが思うに、幼児の時代に太っていると、脂肪細胞が増えて、一生デブでないかな


親もデブなんが多いけど。


一般的に、オヤジの嫁もそうだが、結婚して子供を持ったオンナというのは、


同年代でも未婚のオンナより太ってますね。オンナが太るのは「油断」というより


もったいと子供が残した食べ物をたべるからでないかな、オヤジの若いころの嫁をみていると


米国なんかでは、デブはデブというだけで教師や社会からの評価が低くなるという研究結果が出ているようで 


人生ハードモードのデブ、というわけですね


オヤジはデブに近いぽっちゃりが好きで色白もち肌だったら最高




面白ニュース ブログランキングへ


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Posted on 2015/06/07 Sun. 14:27 [edit]

category: 2ちぇんねるネタ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る

衝撃プライスで憧れのハワイへ!

ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町

最新コメント

月別アーカイブ

広告

1週間の無料体験でWebサイトを作ろう

カテゴリ

フリーエリア

体臭消臭サプリ

東京6万円以下の部屋を紹介

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード