、「曜変天目の再現を目指す陶芸家」は狂気、哀れか?

なんでも鑑定団“茶碗を「国宝級」騒動”でBPOに申し立て 愛知の陶芸家ら

昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で、

国宝級の「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」と鑑定された茶碗をめぐり、

鑑定結果を疑問視する専門家が2日、放送倫理・番組向上機構(BPO)に番組内容の審議を申し立てた。

申し立てたのは、曜変天目の再現に父の代から挑み続け、何度も中国に赴くなどして研究を続ける陶芸家、

九代目長江惣吉さん(54)=愛知県瀬戸市。長江さんは「報道機関であれば発信したものに責任を持つべきで、

放送内容に疑義が生じた場合は検証する必要がある」と話し、番組での鑑定の根拠を示すことや、

場合によっては再鑑定の実施を求めるようBPOに申請している。

一方、奈良大の魚島純一教授(保存科学)が2月22日、所有者の依頼で茶碗の成分分析を実施。模倣品であれば、

塗られている釉薬(ゆうやく)に発色元素が含まれている可能性があるが、

分析の結果、そうした元素は検出されなかったと結論づけた。

しかし、魚島教授は取材に「分析結果は茶碗の評価の真がんを判断するものではない」と説明した。

テレビ東京広報部は取材に「特にお答えすることはございません」としている。



藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美 公式図録


なんでも鑑定団「曜変天目茶碗」 自称専門家の九代目長江惣吉さんがBPO審議申し立て、というわけです。


なんでも鑑定団の曜変天目がいまだに揉めてるというんだが、


日本には曜変天目の再現を目指している陶芸家が何人もいるそうです


陶芸家としては極めるというのは「ドツボ」らしいです。 


曜変天目に嵌まると、延々と試作を繰り返すばかりで、金儲けの仕事に手が付かない


しかし当人は貧乏でも凄く楽しいらしい、今度こそは、というのでワクワクして、何百回失敗しても懲りないようで


次こそは、次こそは、で、「どつぼ」です。


その曜変天目だけれど、茶道具としても、天目茶碗は今ではあまり使われないらしい


なので、「曜変天目の再現を目指す陶芸家」というのは、日本人らしく陶芸の道を極めるのが目的だろうね。


NHKスペシャルで必死に再現しようとしてたあの姿は..割った失敗品の山のある工房で一人寝てつきっきりで作る姿は

.
狂気、哀れ、色々あるがなんかぐっときたんだよ


最後の、少しだけ再現の光が見えた茶碗なんかもうね、どうなんだろうなぁ長江さん


もう色々考えずに自分で再現することだけ考えればいんじゃないかな、嫁はかわいそうだが. と2ちゃんの意見です。..





















にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR