愛する夫の『夫のちんぽが入らない』衝撃的タイトルと内容で13万部突破

【文芸書】『夫のちんぽが入らない』と言う、衝撃的タイトルと内容で13万部突破だそうで



夫のちんぽが入らない 単行本 – 2017/1/18 こだま (著) ¥ 1,404


本に巻かれた帯には、〈衝撃の実話。絶望の果ての、揺るぎない希望〉と記してる。


衝撃的タイトルと赤裸々で猥雑なタイトルの作品なので興味を持つ人が多いのだろう。


今年1月、衝撃的なタイトルで刊行された本が、反響を巻き起こしている。題名を言わずに注文できる申込書や、

全面帯で表紙をまるごとカバーした本を並べる書店も登場。

文芸書として13万部超えのヒットを記録し、映画化などの打診もある。性の営みに苦悩し、

夫と精神的な絆を強めていく40代主婦の真摯な告白に、慰められ、また価値観を揺さぶられる読者が多いという。

見ず知らずの人とはうまくいくのに、なぜ夫だけ…

話題の本『夫のちんぽが入らない』(扶桑社)は、著者のこだまさんが、自身の体験をもとに書き上げた私小説。

主人公の「私」は、大学入学後に交際を始めた彼と、

どんなに体を重ねようと努力をしても、受け入れることができない。

悩みながら2人は結婚、やがて自分たちの夫婦の形を見いだしていく。そんなカップルの20年が、

ありのままに淡々と、悲哀とユーモアを交えてつづられる。

 《拳と壁。道場破りと閉ざされた門扉。融合する気配は微塵(みじん)も感じられない。

セックスというものは誰でもできるものではなかったか》

大学卒業後、小学校教員となった「私」は、子供との関係がうまくいかず学級崩壊に直面。

また、夫がひそかに風俗に通っていることにショックを受け、インターネットを通じて知り合った男性と会うことで現実逃避する。

不思議なことに、見ず知らずの男性とは体の関係を持つことができた。「私も『普通』だったと安堵する一方、

夫とだけ交われないことがわかり、余計に思い詰めるように。男性と会うことは、自傷行為に近いものでした」

愛する夫とだけセックスができない現実について、「サイズに無理があったことと、

私がセックス自体をいいものだと思えなかったことが原因かもしれない」と分析。作中でこう記している。

 《『好きな人とこんな恥ずかしいことをしたくない』という気持ちも、どこか心の深いところで関係しているのではないか》

 あけすけで奇抜なタイトルには、「くすぶり続けた『入らない』問題をストレートに表すだけでなく、

人の輪や社会にも交われない思いも込めた」。

文芸書として異例の売れ行き 特に女性に受け入れられ

 「タイトルに負けないで読んでほしい」-。大阪府枚方市の水嶋書房くずは駅店では、そんなPOP広告と一緒に、

題名を隠した全面帯の本書が並ぶ。

書店員の枡田愛さん(48)は発売前の昨年11月に本書のプルーフ(見本本)を読み、

「思わずうなった」と話す。「引き込まれる文章力、心を打つ内容で、なんとしても売り出したい」と、

同店のツイッタやPOP広告でアピール。

発売前には、タイトルを声に出して言わなくても注文できる申込書で依頼するケースが目立ち、

現在は、表紙をまるごとカバーした全面帯の本書がよく売れるという。

枡田さんは、「文芸書として異例の売れ行きで、特に女性に受け入れられている」。

こうした申込書や全面帯は、衝撃的なタイトルの本を読者に届けるための工夫で、用意した扶桑社でも前例がないという。

本書を担当した雑誌「週刊SPA!」編集者の高石智一さん(37)によると、

発行3カ月がたった現在も毎日のように感想を記した愛読者カードが届き、

映画化や漫画化の話もあるという。発売1カ月足らずで10万部を突破、現在13万4千部のベストセラーだ。

 同じように「入らない」カップルや、LGBT(性的少数者)の人々から共感の言葉が寄せられ、

こだまさんは、「逆に私自身が励まされている」。

 誰にも相談できない悩みを書くことで、「夫婦の形は違っても、幸せならいいじゃないかと気づけたことが一歩前進でした。

性の問題に限らず、

世間で当たり前とされていることができない劣等感や悩みを抱えている人は多いのだと気づきました」

自分の恥を全力でさらしにいった

本書では、いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、

この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。

こんなこと軽々しく言えやしない。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った

“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"の書籍化を依頼した高石さんは、「悲哀とユーモアが共存した淡々とした文章は、

人を突き放しては抱き寄せる優しさがあって、一気に虜になった」と話す。

編集部内で、一度は没になった企画書を粘り強く通し、こだまさんと二人三脚で大幅に加筆修正し完全版としてついに書籍化!

「夫のちんぽがデカすぎて入らない」って題名だったらさっぱり売れなかっただろな。

彼女はこれが原因で気分変調症の諸症状を発症していく

出会い系サイトに知らずとはいえ本名で日記を公開しコンタクトを取ってきた男性と性交を重ねる日々を過ごす。

彼女は夫のものだけが入らなかったらしい。

デカイのがいいとは限らないんようで


相談しにくい下半身問題だが、「遠隔診療」ならネットから安価で相談出来る。

  






あなたの欲しい物を全てが揃う日本最大級のショッピングモールYahoo!ショッピングです。



アフィリエイトサービスなら無料登録の バリューコマース












にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR