TBSのワイドショー「ひるおび」で捏造報道

HuffPost Japan さんの の記事を一部抜粋

川井重勇氏が落選、小池百合子都知事と握手拒否した都議会議長 「自民党再生を」と引退表明【都議選

都議会自民党の重鎮で、小池百合子知事の就任直後、挨拶回りに来た小池氏との握手を拒否した

川井重勇・都議会議長(69)が、7月2日に開票された東京都議選(中野区)で落選した。

川井氏が小池氏との握手や一緒に写真に写ることを拒んだのは2016年8月。それ以降は、「反小池」の急先鋒とされていた。

また、小池氏との握手を拒否したことについては、「握手を拒否したことは1回もない。

写真はお断りしましたけれど。議長としては写真撮影に応じることはできなかった」と説明。

小池知事への言葉を求められると、「特にない。都民のためにしっかりとやってもらいたい」と淡々と話したという。

masukomi.jpg
そして誰もマスコミを信じなくなった――共産党化する日本のメディア Kindle版  潮匡人 (著)


各新聞、テレビ報道の「事実無根の誤誘導」が目に余る、報道は、「アベヘイト」しか言わないからだ。


TBSのワイドショー「ひるおび」は、7月3日の放送で、映像を見せながら、川井都議会議長が知事就任の挨拶に出向いた


小池都知事との握手を拒否したと報じましたが、これは映像から握手シーンを巧みにカットした


藤原かずえ‏ @kazue_fgeewara さんのツイートを見ていただいたらわかります。


完全なる意図的なフェイクニュースでした。国民はあからさまな情報操作を受けています。


ホントは握手していています。


小池知事が就任挨拶で自民党を訪れた時、出迎えた川井元議員が握手を拒否したという


「ひるおび」の映像は意識的な印象操作だった。握手はしている捏造フェイクニュースだ。


昨日の百田さんのスピーチは放送法第四条三号 報道は事実をまげないですること。


四号 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を中立に明らかにすることと言っていた。


報道における本質的な問題点がどこにあるかを非常に的確にこたえていましたね。


新聞とはちがう放送局が守るべき「放送法」を順守するどころか、公共の限られた電波を私物化してはばからぬ姿勢は、


心ある国民の不信を買わずに済むかと思ったら大間違いだよね。


日本は、かつてないマスコミ不信の時代に突入していることがわかる。




遠隔診療のを5月から始める赤坂クラウドクリニックの、『遠隔診療』を利用してください。

  

   






キャンペーン期間中にアフィリエイトBに新規会員登録及び銀行口座登録完了した方の中から、
抽選で801名に賞金をプレゼント。2016年12月9日(金)13:00~2017年1月31日(火)


カンファレンスバナー


株式会社縁Planning LP(ランディングページ)型求人サイト






にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ


スポンサーサイト
プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR