第157回芥川賞・直木賞決定しました!!



第157回芥川賞に沼田真佑さんの「影裏」 直木賞に佐藤正午さんの「月の満ち欠け」

第157回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、

芥川賞は沼田真佑さん(38)の「影裏(えいり)」(文学界5月号)に、

直木賞は佐藤正午さん(61)の「月の満ち欠け」(岩波書店)にそれぞれ決まった。

 初の候補で芥川賞に輝いた沼田さんは、北海道小樽市生まれ、盛岡市在住。

今回の受賞作「影裏」で今年、文学界新人賞を受賞しデビューを果たした。

受賞作は雄大な自然が広がる岩手県が舞台。30代の男性会社員「わたし」とどこか危うさの漂う元同僚の不器用な交流を

東日本大震災を背景に描いた。選考委員の高樹のぶ子さんは「3・11の大震災を踏まえて、

個人の内と外の崩壊を描ききった。人間の不気味さと自然の不気味さが呼応している」と高く評した。

直木賞の佐藤さんは長崎県佐世保市生まれ、同市在住。昭和58年にすばる文学賞を受けデビュー、

「鳩の撃退法」で山田風太郎賞を受賞している。今回、初の候補で受賞を決めた。

受賞作は、欠けた月が再び満ちるように、死んでも生まれ変わりを繰り返し、愛する人との再会を願う女性の切ない

魂の物語。1人の少女と3人の男性の人生が交錯し、過去と現在を往還する緻密な構成で愛の形を描き出した。

選考委員の北方謙三さんは「的確で抑制が効いた文章がいい。みずみずしさを全く失っていない。

物語の構成力も抜きん出ている」と絶賛した。 贈呈式は8月下旬、東京都内で開かれる。賞金は各100万円。



影裏  単行本 – 2017/7/28  沼田 真佑 (著)  ¥ 1,080


月の満ち欠け 単行本 – 2017/4/6 佐藤 正午 (著)  ¥ 1,728

内容紹介
新たな代表作の誕生! 20年ぶりの書き下ろし
あたしは、月のように死んで、生まれ変わる──目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか? 三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。この数奇なる愛の軌跡よ! さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。


平成29年上半期の『第157回芥川龍之介賞』および『第157回直木三十五賞』の受賞作が発表された。

芥川龍之介賞は沼田真佑さん『影裏』(文學界5月号)、直木三十五賞は佐藤正午さん『月の満ち欠け』(岩波書店)となった。

1913年に創業され、100年以上の歴史を誇る岩波書店なんだけど

直木三十五賞の佐藤正午さん『月の満ち欠け』(岩波書店)は、岩波書店初の直木賞受賞で(芥川賞も受賞作無し)。

その歴史ある 岩波書店なんだけど、出版社は通常「委託制度」を採用していて、書店に販売を委託し、

書店は販売した分だけその手数料を利益として。売れ残れば返本することができるんだが

岩波書店は、返本を受け付けない買い切り制度を採用している書店であるが、この本だけ「委託制度」を採用するかな。

買い切り制度のままだと、書店はどれだけ注文しようか、頭を悩ませているところだろうね。




スマホやパソコンがあれば、『遠隔診療』をしてくれるクリニック




 





















にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ


スポンサーサイト
プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR