FC2ブログ

日本版トマホーク、政府が開発の方向で検討

読売新聞さんのWEB記事から

日本版トマホーク、政府が開発の方向で検討


政府は、地上の目標を攻撃できる巡航ミサイルを開発する方向で検討に入った。

防衛省が2018年度から研究を始める予定の対艦ミサイルに対地攻撃能力の付加を計画しているもので、

日本が対地巡航ミサイルを本格的に開発するのは初めてとなる。

敵に占領された離島の奪還が主目的だが、敵基地攻撃も性能上は可能で、北朝鮮への抑止力向上にもつながる見通しだ。

巡航ミサイルは搭載したレーダーなどによって攻撃目標に向かう精密誘導兵器で、

弾道ミサイルが放物線を描いて上空から飛来するのに対し、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行する。

米国の「トマホーク」と共通点が多いことから、防衛省内では開発するミサイルを「日本版トマホーク」と位置付けている。



自衛隊の陸・海・空 最新国防兵器 (DIA Collection) 雑誌 – 2017/11/29 ¥ 850


読売新聞の記事「政府が巡航ミサイルを開発する方向で検討」。

抑止力を高めるための巡航ミサイル保有は私が国会審議等で繰り返し求め、

敵地攻撃能力保有は憲法上可能との答弁も得た。


日本の巡航ミサイル関連の技術は実は世界一。巡航ミサイルが保有できれば我が国の平和を守る力が高まると


和田議員がツイート


国土防衛が国の基本。。安全保障なくして繁栄も発展もありません。


国民のことなど念頭にない、マスコミや野党など買わずに国の守りを固めていってほしいものですね。


和製GPS衛星の誘導精度は、cm単位、既存の国産 対空・対艦ミサイルの命中精度は世界一、のようで


あとは推進用エンジンさえ何とかすれば超性能間違いなし!!


日本でも開発中の超音速対艦ミサイルと配備済の自立飛行無人偵察機&標的機などを開発するべき


中国・北朝鮮・ロシアの対抗策の抑止力が必要です!


相殺の抑止力としたほうが憲法上理解はしやすいのではないか?


宮古島の自衛隊駐屯地の拡張工事も着手したようですしこちらに地対艦、地対空ミサイル部隊も


駐屯させるようですので国民が安心して暮らせる国にしないとね。


sensou_senjou.png








国内初!デジタル通貨の積立30%プレゼント!!デジタル通貨なら【フジクリプト】










産地直送!美味さにびっくり!旬の果物を毎月お届け!九州旬の果物めぐり
その時期の旬の果物を契約農家さんが収穫後すぐ産地直送!
スーパーに並ぶ果物とは鮮度が違います。







にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ


スポンサーサイト
プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR