タイのコールセンターの日本女性が男を買い妊娠


朝日新聞デジタルさんのWEB記事から

異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの日本人
http://www.asahi.com/articles/ASKC75660KC7UEHF00G.html?ref=msn



タイの首都バンコクに、日本語が響くコールセンターがある。「お電話ありがとうございます。○○社です。

ご注文ですか」。電話を受けるのは、タイに移住した日本人たちだ。

なぜ海を渡ってまで、コールセンターで働くのか。開高健ノンフィクション賞を受賞した作家の水谷竹秀さん(42)は、

5年ほどかけて取材。『だから、居場所が欲しかった。』(集英社)にまとめた。登場するのは人間関係や借金に苦しむ人たち。

彼らが「日本社会のきしみを投影している気がする」という水谷さんに、話を聞いた。

「今、妊娠しているんです」

最初に取材した30代半ばの女性に、水谷さんは衝撃を受けたという。

「実は私、今、妊娠しているんです」と打ち明けられたからだ。父親は、東南アジアのある国から出稼ぎにきた買春相手だった。

「どうするんだろう、と彼女と別れてホテルに帰ってからも頭から離れませんでした」

女性は大学卒業後、職を転々とした。東京での暮らしに物足りなさを感じたころ、

旅先のバンコクで日本人向けの求人があると聞いた。インターネットで検索すると、

コールセンターのオペレーター募集が見つかった。採用され、移住を決めたという。

実際、ネットで「タイ」「コールセンター」と検索すれば、求人情報は簡単に出てくる。

「経験ゼロ、語学ゼロから海外でチャレンジできる環境」などとうたわれ、応募のハードルは低い。

水谷さんが取材したフロアには80人ほどの日本人が並び、通信販売の受注やクレーム処理にあたっていたという。

ただ移住が気軽な反面、環境は厳しい。

日本の大手企業から派遣される駐在員の年収は、1千万円を超えることもざらだ。

現地採用はその半分から5分の1。コールセンターは更に安い。ネット上では「底辺」とやゆされる。

「給料は月9万円か10万円ぐらい。大手企業の現地駐在員とは、同じ海外にいくのでも訳がちがう。

格差があるんですよね。コールセンターで働く人は、後ろ向きというか、ネガティブな空気感を持っていることが多かったと感じます」

女性はコールセンターについて、作中で水谷さんにこう説明している。《日本社会に適応して、出世するとか、

家庭を持つとか、そういうレールに何の疑問も持たず、すいすい世の中を渡っていける人はここにはいないなって

感じがしますね》(「プロローグ」から)

貞淑を求める圧力

女性は日本では交際相手に恵まれなかった。暴力を振るわれることもあったという。彼女を癒やしたのが、

男を連れ出せる「ゴーゴーボーイ」だった。友人に誘われて通い続けるうちに、はまっていった。

最初は勇気がでなかったものの、《通っているうちに気に入った男の子が見つかったので、買ってみました》

(第四章「男にハマる女たち」から)と語っている。



だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人 単行本 – 2017/9/26   水谷 竹秀 (著) ¥ 1,728

内容紹介

「お電話ありがとうございます。○○社の△△です。ご注文ですか?」
陽光溢れる、東南アジアのタイ、バンコク。高層ビルの一角にあるコールセンターでひたすら電話を受ける日本人がいる。非正規労働者、借金苦から夜逃げした者、風俗にハマって妊娠した女、LGBTの男女……。息苦しい日本を離れて、彼らが求めたのは自分の「居場所」。フィリピン在住の開高賞作家が日本の現実をあぶりだす問題作。


第1章 「非正規」の居場所
学校時代、いじめに悩み、卒業後に非正規労働を繰り返した吉川は、バンコクでDJの道を目指すが……。

第2章 一家夜逃げ
10歳上のタイ人の妻を持つ世渡り下手な本田は仕事に追い詰められ、借金を残したまま一家でタイに渡る。

第3章 明暗
コールセンターを踏み台にステップアップした丸山。困窮邦人へと転落する関根。明暗を分けるものとは。

第4章 男にハマる女たち
バンコクのゴーゴーボーイ(ブリーフ姿の若いタイ人男性らがステージで踊る連れ出しバー)にハマってしまう女たちがいる。シングルマザーとなった青山、藤原姉妹はそれぞれゴーゴーボーイと結婚して海外移住する。

第5章 日陰の存在
日本ではまだまだ許容されているとは言えないLGBTの人々。一見許容度の高いタイのでコールセンターで働きつつ、居場所を模索する。家族との軋轢で悩む高木。風俗嬢の仕事まで経験したレスビアンの堀田。性転換を果たした水野。果たして彼らに居場所はあるのか。

【著者プロフィール】
水谷 竹秀(みずたに たけひで) ノンフィクションライター。1975年三重県桑名市生まれ。上智大学外国語学部卒。新聞記者、カメラマンを経てフリーに。現在フィリピンを拠点に活動し、月刊誌や週刊誌などに寄稿。2011『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる困窮邦人』(集英社)で第9回開高健ノンフィクション賞を受賞。著書に『脱出老人 フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち』(小学館)がある。


b0112027_138189.jpg
http://patonbeach.exblog.jp/9821017/

ネットで海外で働くと検索すると、「経験ゼロ、語学ゼロから海外でチャレンジできる環境」ってのがある。


日本語が出来ればコールセンターで通信販売の受注やクレーム処理をマニアル通りすれば良い仕事である。


海外で心細く暮らしていて、彼女を癒やしたのが、男を連れ出せる「ゴーゴーボーイ」だったようで


友人に誘われて通い続けるうちに、はまっていった。最初は勇気がでなかったものの、


《通っているうちに気に入った男の子が見つかったので、買ってみました》


バンコクなんかでは、男が女や男を買う、女が男を買うのは別に特別なことでない。


外国のおばちゃんなんか団体でゴーゴーバーで男を買って一晩共にしている。


そのおばちゃんなんか、ゴーゴーボーイのパンツにチップを入れて品定めして連れ出す。


日本人の場合は、タイなんかで男や女を買うと嵌ってしまう人が多いのである。


日本なら一時間程度でサービスを受けたら「また来てね」で終わりであるが


タイの場合一緒に食事したり、遊んだりしている内に偽恋人と勘違いする人が多いようだ。



お歳暮に喜ばれる【浜海道】タラバガニ!毛ガニ!ズワイガニ!蟹の取り寄せ↓















WiFiモバイルルータの1日レンタルサービス













にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ



スポンサーサイト
プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR