FC2ブログ

いつから台湾が中国の26番目の省になったんだ。

広辞苑が台湾を「中国の省の1つ」としたことに抗議の声が上がる―中国メディア
http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/13933526/


2017年11月23日、中国メディアの環球時報は、広辞苑に台湾が中国の省の1つとして記載したことについて、

抗議の声が上がっていると伝えた。

記事は台湾メディアが、日本の国民的辞典である広辞苑が10年ぶりに改定した際、

地図の中で台湾を中国の省の1つとして記載したと伝えたことを紹介。

広辞苑の誤りを訂正するよう求める声が出ていると伝えた。

台湾メディアは、広辞苑を出版する岩波書店は「親中で左翼的」だとしている。

そして広辞苑は日本全国の図書館や学校、家庭、職場で広く使用されている社会に大きな影響を与える辞典だと紹介。

このため、在日台湾同郷会や日本の台湾研究フォーラムから抗議の声が出ていると伝えた。

それによると、広辞苑には台湾に関する3つの誤りがあるという。

その1つが、台湾の項目にある「1945年日本の敗戦によって中国に復帰し、49年国民党政権がここに移った」という記述だ。

抗議団体はこの記述が完全に「事実に反している」としている。

2つ目は、1811ページの中国地図に、台湾が中国の26番目の省として記述されていることだ。

3つ目は、日中共同声明の項目の記述で、「日本は台湾が中華人民共和国に帰属することを実質的に認めた」という記述だ。

この3つの誤りは、中国の政治的宣伝と関係があり、日本国民を誤導し、台湾侵略という中国の野心を正当化する

ものだと主張しているのだという。

環球時報の記者が日本のツイッターなどのSNSで確認したところ、岩波書店に圧力をかけ、誤りを訂正するよう

呼びかける投稿があるものの、答え応じている人はごくわずかだという。

岩波書店がこうした台湾の団体からの「雑音」に応じて、中国の強い反発を招くようなことをする見込みは

ほとんどないとの見方があると記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)



台湾―四百年の歴史と展望 (中公新書) 新書 – 伊藤 潔 (著) ¥ 756



台湾は中国ではない!歴史の破壊者「岩波書店」が糾弾!されている。


広辞苑に「台湾が中国の26番目の省で、日本は台湾が中華人民共和国に帰属することを実質的に認めた」と記述。


次は、日本は中国の27番目の省になる予定とでも書くのでしょうかね?


大辞林と並ぶ日本語辞典の双璧として評価が高い「広辞苑」なんですけど


しかし版元の岩波書店は思想的な左翼偏向が有識者に指摘されてる。


客観的な「事実」を載せるべき辞典に「自社の解釈」を掲載してプロパガンダの小道具としている事に台湾人の怒りが


外務省の公式見解とは異なる「台湾」の解説を掲載し、独裁中国の侵略をサポートするが如き広辞苑の記述修正を求め、


ユーチューブによると、11月30日に岩波書店前で行われた抗議行動がアップされている。


台湾は台湾 独立国じゃないですか?








国内初!デジタル通貨の積立30%プレゼント!!デジタル通貨なら【フジクリプト】










産地直送!美味さにびっくり!旬の果物を毎月お届け!九州旬の果物めぐり
その時期の旬の果物を契約農家さんが収穫後すぐ産地直送!
スーパーに並ぶ果物とは鮮度が違います。







にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ


スポンサーサイト
プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR