FC2ブログ

船戸結愛ちゃんの虐待死事件が衝撃で涙が止まらない。

結愛ちゃん事件 父の虐待は香川でも問題化 目黒アパート で「メディアの仕事をするため」とウソ 税金滞納も?


朝食はスープのみ。昼食は茶碗に3分の1程度のご飯と味噌汁。晩御飯は茶碗半分程度のご飯。1日1食のときもあり、決まりごと

を守らなかったときには水をかけられたり、殴られたりした。

 今年1月下旬ころから十分な食事が与えられず、3月2日に低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡した疑いのある東

京都目黒区の船戸結愛ちゃん(5)。警視庁は6月6日、傷害罪で起訴されている父親で無職の船戸雄大容疑者(33)を保護責任者

遺棄致死の疑いで再逮捕。母親の優里容疑者(25)も同容疑で逮捕した。警視庁が明らかにした結愛ちゃんのノートには、悲痛な

言葉がつづられていた。

「もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして

 ゆるしてください おねがいします」

 結愛ちゃんは自ら目覚まし時計をセットし、毎朝4時に起き、雄大容疑者に命じられ、平仮名を書く練習をしていたという。

 香川県出身の雄大容疑者が東京に移り住んだのは、昨年の12月。雄大容疑者を追いかける形で優里容疑者と結愛ちゃん、そし

て雄大容疑者と優里容疑者の間に生まれた弟(1)が今年1月23日に転居し、家族4人の生活が始まった。

 自宅は若者に人気の東急線の最寄り駅から徒歩13分程度にある木造アパート。近隣の不動産関係者によれば、間取りは2DK

(35平米)で家賃は8万5000円だという。

「築40年と古い木造アパートですが、人気エリアなので、家賃は相場程度でしょう」(不動産関係者)

 なぜ、東京にやってきたのか。雄大容疑者が昨年12月まで勤めていた食品会社の関係者はこう話す。

「雄大容疑者は当社で約1年半ほど働いていました。明るいキャラクターで、辞めると言ったときも、こちらは引きとめました。なぜ東

京に行くのかと聞いたら、『家族の問題で東京に行かなければならない』と話していました」

 一方、東京の新居周辺ではこんな声が聞かれた。近隣の飲食店関係者はこう話す。

「メディア関係の仕事をするために以前勤めていた食品会社を辞めて東京にきたと話していた。子どもいるし、がんばらないといけ

ないと」

 同じ木造アパートに住む住民はこう話す。

「いまどき、引っ越ししても隣にあいさつに行くことも少ないですが、引っ越しの日に雄大容疑者があいさつにきました。礼儀正しい

人だと感じました」

 新しい生活に希望を持っていたように見える雄大容疑者だが、結愛ちゃんへの虐待はすでに始まっていた可能性がある。結愛

ちゃんは以前住んでいた香川県で2回、県の児童相談所で一時保護をされている。雄大容疑者による虐待の疑いが原因だ。2017

年に二度、雄大容疑者は結愛ちゃんへの傷害容疑で書類送検されているのだ(いずれも不起訴)。

 会社の引きとめを振り払ってでも東京に来た理由は、やはり家族にあるようだ。香川県から引き継ぎを受けた品川児童相談所の

担当者はこう話す。

「香川県からの引き継ぎの情報として、児童相談所と距離を置きたい、児童相談所の訪問がストレスになると聞いていた。品川児

童相談所では2月9日に家庭訪問をしましたが、訪問時に出てきた母親の優里容疑者は拒否的な様子だった。結愛ちゃんとは会え

ていない」

 東京で新しく生活を始めたものの、生活自体もままならなかったようだ。近所の主婦(60代)は雄大容疑者のこんな姿を目撃して

いる。

「テレビ報道で(雄大容疑者の)顔を知りましたが、2月ころに、平日の昼間に歩いている姿を何度か見かけました。何の仕事をして

いるのだろうと思いました」

 また、地元の不動産関係者からはこんな話も聞こえた。

「税金の支払いの滞納がたくさんあり、生活保護を受給していたという話を聞く。目黒区の住宅扶助の上限額6万9800円を超える

分は、生活扶助で穴埋めしていたのだろう」

 目黒区に事実関係を問い合わせたが、「個人情報なので教えられないが、基本は住宅扶助の上限額以内におさまる住居に移る

ようにお願いしています」(目黒区生活福祉課)

 7日朝、テレビのニュースを見て現場を訪れた会社員の女性(36)は、

「これ以上に悲しいことがあるのでしょうか。親としての責任がとれないなら、さっさと施設にでも頭を下げて、引き取ってもらうべき

です」

 女性は雄大容疑者が暮らした部屋を見上げ、涙を流した。雄大容疑者の部屋のベランダにかかる物干し竿には、熊をモチーフに

したものなど、カラフルな洗濯ばさみが並んでいた。(AERA編集部・澤田晃宏)


yA-_ni4U.jpg


香川県善通寺市で二度も、下唇などに傷を負いながら外に出されているところを保護されています。

そして鬼畜の継父は二度とも書類送検されたのに不起訴になり、一時保護も解除されています。

その後の病院からの虐待の痕跡の通知にも保護装置は取られていませんでした。

本来であれば、この段階で彼女の命は救えたはずでした。

虐待をしている親は、児童相談所から逃れるために他府県に引っ越すことが多いそうですね、

保護責任者遺棄致死の疑いの母親の優里容疑者(25)は逮捕された。

この母親は、若い時に男と一緒になり妊娠しその後別れシングルマザーに

男にだらしない女は、また言い寄る男と引っ付き、その男は連れ子は邪魔で虐待

母親は今度の男を逃すとお金が無いので、虐待されても黙って我慢

再婚する男が皆が爆笑問題の田中君みたいに優しくないんだよな

結愛ちゃんの継父と実母の間にできた弟は両親と共によく外食していたそうで、

実母は、自分の立場が危うくなるのを恐れ、夫に従い、見て見ぬ振りをしていた事なのだ。

産むのは一人前で、その後は動物以下の人間がこれほど多く、絶えることがないことに開いた口がふさがりません。

このように民事不介入では救えない命が多すぎることから、警察組織に児童相談所を作り権限も拡大される事を望む

佐々木拓夢ちゃん、斎藤理玖くん、坂本愛羅ちゃんたちは、まだ記憶に新しい名前ですよね

こんな虐待事件は、二度とないことを祈ります。









にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



面白ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

dankaijijii

Author:dankaijijii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
『遠隔診療』という、病院に行かなくてもスマホやパソコンがあれば、 相談出来る
衝撃プライスで憧れのハワイへ!
ふるさと納税/静岡県賀茂郡 南伊豆町
最新コメント
月別アーカイブ
広告
1週間の無料体験でWebサイトを作ろう
カテゴリ
フリーエリア
体臭消臭サプリ
東京6万円以下の部屋を紹介
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR